アントシアニンが詰まったブルーベリーサプリメント

アントシアニンは、植物が紫外線から身を守るために生成する青紫色の天然色素です。その種類は全世界で400種類とも言われ、植物の中で最も多く含有しているのがブルーベリーと言われています。

ブルイーベリーが目の疲れを癒す効果が認められてからは、ブルーベリーサプリメントという形で販売される事も多く、現代人の目の疲労や視力回復の為に活用されています。

アントシアニンの働き

アントシアニンが目に良いと言われている理由は、目がモノを見る際に大きな役割を果たすロドプシンという色素体と深い関係があります。

モノを見るという作業は、網膜細胞が光に反応して映像を作り、それを脳に伝達する作業です。この光に反応する細胞がロドプシンであり、光が当たるたびに分解、再合成を繰り返し、脳への伝達を行います。

つまり、目を酷使すると、ロドプシンの再合成能力が落ちてモノを見る能力に支障をきたすなど、いわゆる目の疲れと言う形で表れて来ます。アントシアニンはこのロドプシンの再合成を促す作用があり、疲れ目を改善する効果があるのです。

目の疲れの改善にはアントシアニンの摂取が有効

現代社会人の疲れ目にとって救世主のアントシアニンは、光を感知して分解、再結合をするロドプシンを活性化させる働きがあります。これらの効果に着目してつくられたのがブルーベリーサプリメントです。

今では、ブルーベリーには他の植物と比較して多くのアントシアニンが含まれている事から、目に良いサプリメントして人気があります。ブルーベリーサプリメントといいつつも、じつはアントシアニンサプリメントだったんですね。