ブルーベリーサプリメントの原料としても人気のビルベリーとは

ビルベリーはブルーベリーの王様とも言われ、目の疲れに効果があると言われているアントシアニンを多く含むブルーベリーの一種で、北欧を原産地としています。

アントシアニンの含有量は通常種の5倍以上で、欧州では戦前よりその効果が認められ、今では多くの医薬品が研究開発、目の疾患の治療薬として使われています。

日本でも多くのブルーベリーサプリメントの原料として使われ、その効果が期待されています。

ビルベリーの歴史

北欧原産のビルベリーは、白夜等の関係で長く日光から身を守る為、多くのアントシアニンを含む性質を持ち、目の疲労回復の点においてブルーベリーの中でも、最も高い機能性を持っています。

目の疲れに効果があるアントシアニンの研究が始まったのは、ビルベリージャム好きの英国空軍パイロットの言った一言が始まりでした。彼は夜間訓練において「薄明かりでも、ハッキリものが見えた」と言ったのです。それが欧州各国に広まり、ブルーベリーの研究が始まったのです。

その結果、アントシアニンの存在が判明し、臨床試験を進めていく中、今のようにアントシアニンを原料とした多くの目の治療薬が開発されました。

目の疲れにはビルベリーのアントシアニン効果が最適

アントシアニンが目の疲れにもたらす効果が実証され、日本でもアントシアニンをしっかり摂取する事を目的としたブルーベリーサプリメントが、数多く販売されています。

中でもアントシアニンを豊富に含むビルベリーを原料とするのサプリメントが大半を占め、絶大な人気があります。中にはビルベリー以外のブルーベリーを使用したサプリメントもありますので、ご自身の目的に合わせて選ぶと良いでしょう。